満願

満願 NHK ミステリースペシャル

内容:「夜警」「万灯」「満願」の3編がNHK総合テレビでミステリースペシャルとして2018年8月にテレビドラマ化される。(ウィキペディア参照)

放送:NHK総合/スペシャル/18.08.14・15・16
原作:米澤穂信「満願」
出演:
音楽:「」


第1夜「万灯」
内容:商社に入社して以来、仕事一筋に生きてきた伊丹は、開発室長としてバングラデシュで天然ガス資源の開発に挑んでいた。ダカの支社と開発目標の北東部低地帯との間に、ヒトとモノと情報を集める集積拠点として、ボイシャク村に目を付けた伊丹だが、村に拠点を置く交渉が難渋していた。マタボールと呼ばれる村の長老の1人で指導者のアラムは、資源は将来のバングラデシュ人民のもので、それを他国に譲る意志がないためであった。しかし、開発による村への恩恵を期待する他のマタボールたちはアラムを排除するため、伊丹とライバル社の森下に交渉条件としてアラムの殺害を持ちかける。(ウィキペディア参照)
出演:西島秀俊、近藤公園
【Daily】
【9tsu】
【Pandora】

第2夜「夜警」
内容:川藤浩巡査の葬儀が終わった後、柳岡巡査部長は振り返る。あいつは警官に向かない男だったと。川藤はすぐに拳銃を抜こうとする癖があった。また、失敗を小細工でごまかそうとする男だった。その川藤が殉職したのは、夫が刃物を振り回しているとの女性からの通報を受けて出動した事件であった。短刀を向けて突っ込んでくる男に川藤は何発も発砲した。しかし、男は止まらず川藤は首を切られた。血を吹き出しながらもしばらくは生きていた川藤は、最後に「こんなはずじゃなかった。うまくいったのに。」とつぶやいて死んだ。川藤の兄は、あの日弟から「とんでもないことになった」とメールがあり、そういうときはろくでもないときだと言い、「あいつが勇敢に死んでいったなんて思わない。あいつは駄目な男だった。」と言い切る。そして事件の真実の姿が浮かび上がる。(ウィキペディア参照)
出演:安田顕、安田顕、吉沢悠
【Daily】
【9tsu】
【Pandora】

最終夜「満願」
内容:弁護士の藤井は学生時代、司法試験の勉強に苦しんでいたときに、下宿していた畳屋の鵜藤重治の妻・妙子に達磨市に連れて行ってもらった思い出がある。供養所に次から次へと持ち込まれる満願が叶って両目が入れられた達磨を見て、これほど多くの願いが叶うのなら自分にも道がないはずがないと開き直り、藤井と妙子は1つずつ小振りな達磨を買った。そして、藤井は在学中に司法試験に合格した。その4年後、妙子は夫・重治の借金返済を迫る貸金業の社員・矢場英司を殺害した。藤井は妙子の正当防衛を主張したが、第一審では懲役8年の実刑判決が下された。妙子の刑が少しでも軽くなるよう第二審の準備を進めていた藤井だったが、重治の病死を聞いた妙子が控訴を取り下げたため、一審の刑が確定してしまった。そして8年後、刑期を終えて出所した妙子が事務所に来るまでの間、藤井は事件を振り返っていた。なぜ、妙子は控訴を取り下げたのか。あれは本当に正当防衛だったのか。(ウィキペディア参照)
出演:高良健吾、市川実日子、寺島進
【Daily】
【9tsu】
【Pandora】


1日1クリックお願いします⇒ 映画・ドラマ ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。