紙の月

紙の月 NHKドラマ10

内容:裕福な家庭に生まれ、大人になってからもカード会社で働き、安定した収入を得ていた梅澤梨花は、夫・正文との結婚を機に家庭に入る。愛する人と幸せな日々のはずだったが、子どももできず、何をするにも夫に許可をとらなければならない立場というのは梨花には窮屈で、次第に暗い気持ちになっていく。しかし、友人の中條亜紀に、前職を生かして銀行でパートタイマーをするのはどうかと勧められ、再び働きに出ることを決める。営業という仕事は楽しく自分に合っており梨花は明るさを取り戻すが、夫である正文は梨花が稼ぐのがおもしろくないようで、折りに触れて梨花の収入の低さや仕事の重要度の違いを遠回しに言い、あくまでも経済力が上で養っているのは自分の方だということを暗に示すのだった。(ウィキペディア参照)

放送:NHK総合/火10/14.01.07~14.02.04/5回
原作:角田光代「紙の月」
出演:原田知世、水野真紀、西田尚美、満島真之介、ミッキー・カーチス、冨士眞奈美、光石研
音楽:マイア・ヒラサワ「子守唄」


第1話 「名前のない金」 
【Pandora】

第2話 「満たされた渇き」 
【Pandora】

第3話 「清らかな罪」 
【Pandora】

第4話 「楽園の終わり」 
【Pandora】

第5話 「誰のための愛?主婦が求めたものは…」(最終回) 
【Pandora】


1日1クリックお願いします⇒ 映画・ドラマ ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。