名探偵の掟

名探偵の掟
 
内容:推理小説、とくに本格推理小説にありがちな作品の展開の仕方や、推理作家や読者に対する皮肉を、ユーモアを交えつつ描き出した作品。暗黙の了解となっていて、半ば約束ないし常識になっていることまでも、容赦なく突っ込まれている。また、著者自身推理作家として、作品内で述べた皮肉について「意識している」と語っている。

主要登場人物2人が、自身が小説上の人物であることを自覚した上で作品世界を一旦離れ、推理小説の問題に言及するなど、メタフィクションの要素を含んでいる。(ウィキペディア参照)

原作:東野圭吾「名探偵の掟」
出演:松田翔太、香椎由宇、木村祐一
音楽:馬場俊英「ファイティングポーズの詩(うた)」


第1話 「密室宣言」 
【Pandora】

第2話 「消えない凶器」 
【Pandora】

第3話 「謎の暗号殺人」 
【Pandora】

第4話 「意外な犯人!?」 
【Pandora】

第5話 「時刻表殺人!?」 
【Pandora】

第6話 「殺すなら今」 
【Pandora】

第7話 「美しき殺人者」 
【Pandora】

第8話 「花のOL湯けむり温泉殺人事件」 
【Pandora】

第9話 「アンフェアの見本」
【Pandora】

第10話 「最後の選択」(最終回) 
【Pandora】


1日1クリックお願いします⇒ 映画・ドラマ ランキング

コメントを残す